大協産業 福岡 九州 物流システム 粕屋郡 須恵  マテハン ベルトコンベア ローラーコンベア パレタイザー 工場ライン フォークリフト 仕分け装置 梱包機 ラベラー

大協産業株式会社

物流システム工場ラインベルトコンベア
大協産業は業界随一の物流システム構築会社です

物流・保管・検査・包装

大協産業は豊富な経験と実績を持つ物流システムのエキスパートです。
今のシステムをもっと効率化したい。工場システムのランニングコストを減らしたい。最新のシステムで生産性を向上させたい。等々物流や工場のラインのさまざまな悩みを解消します。

事例紹介:大協産業は、お客様のこんな悩みをこうやって解決しました。

case18

飲料水製造工場

似たような飲料水の箱を自動的に識別し、商品の入れ間違いを防ぎたい!

  • プランニングにあたって

    今回のご依頼は、”見た目や形状が似たような飲料水の配送用段ボール箱を自動的に識別し、商品の入れ間違いを防ぎたい!”というものでした。
    詳しく原因を探ると、まず平らな状態の段ボールを機械にかけて組み立てるにあたり、機械の仕様上、段ボールの無地面(裏面)を表側にする必要があるため、
    組み立て前の段ボールは一見すると、それぞれの商品の箱の判別ができないという問題がありました。
    そのため今回弊社では、”各商品の段ボールを効率よく自動的に識別しながら、ミスなく箱詰め作業につなげることがご依頼の要点でした。

  • 設置後

    弊社では“バーコードリーダー”というキーワードを用いて今回の課題の解決にあたりました。

    システムの仕組み

    具体的なシステムの流れとしては、

    ①まず新たに設置した操作盤を使用して、商品の情報を登録します。

    ②その後、段ボール箱組立機にあらかじめ登録した商品用の段ボールを 投入いたします。

    ③次に弊社が独自に組み込んだバーコードリーダーで、登録した商品の段ボールが間違いなく設置されているかチェックをします。
    (組立て中に箱の表面に印刷されたバーコードを照合していく仕組み)

    ④もし登録済みの商品と、設置した段ボールとの整合性がとれない場合は、エラーを知らせるブザーが鳴り停止します。

    バーコードリーダーを用いた本システムを導入することにより、これまで課題とされてきた、
    段ボールの識別ミスを無くすことが可能となりました。

  • 導入事例の一覧を見る
  • 次の導入事例を見る
  • お問い合わせはコチラ